【今年の冬に間に合う?】アウトドア好きにはたまらない光熱費を節約する裏技

愛媛のしまなみ海道で島ぐらししてますムラカミです。東京からUターンして築60年270㎡の古民家から田舎ぐらしを発信してます。

だんだんと寒くなってきた頃に気になり始めるのが冬場の光熱費ですよね。今年の冬こそ節約したいあなたにとっておきの裏技をご紹介します。

風呂なんて薪で沸かしてしまえ。

沸かしましたで。

IMG 4292

スノーピークの焚き火台Lを使いました。

IMG 4296

火がついた薪を風呂釜に放り込んでいきます。

 

30分ほど放置で完全に沸きます。ごくらく。

IMG 3311

 

仕組みはこんな感じ。

IMG 4160

絵心は胎盤に置いてきましたw伝わりますかね?

風呂釜と浴槽にパイプが通っていて、下のパイプから冷たい水が風呂釜へ。その水が薪で温められて上のパイプから浴槽に戻るという仕組みです。

温かい水は上に、冷たい水は下にって理科で習いましたよね?うまく考えられているなと関心しながら風呂に入ってます。

 

薪で沸かしたお風呂は優しい。

まずお湯がなかなか冷めません。これは風呂釜の薪がじわりじわり燃えるのと、燃えたあとも炭になって保温してくれます。

慣れないうちは薪をいれすぎて風呂入ろうとする頃には、浴槽が煮えたぎっていました(押すなよ!)

ちなみにうちの家は水道水ではなく井戸水なのでお湯が断然なめらかです。

 

薪でしか沸かせないの?

灯油を使って沸かせます。というか本来は灯油を使ってプラス薪で沸かす仕組みです。

横の付属の装置から灯油が噴射されてバーナーのようになり風呂釜を温めます。

もちろん灯油の噴射に頼らずぼくみたいに薪を燃やして石油エネルギー0で沸かすこともできます。

灯油を噴射されたい方はこちらの販売サイトで灯油タンク付きで売ってます。(77000円〜)

IMG 4159

実は。

ぼくの家も灯油併用にしてたんですが、この度老朽化で灯油が噴射されなくなりました。本格的な冬を前にこれはなかなかの試練です。

今は薪が結構あるので今のところは大丈夫なんですが、早めに山に薪集めに行かなくてはいけません笑 

 

 

ムラカミ温泉計画。

作りたんですよね、温泉。20m〜30m掘ってる打抜きの井戸もあるので沸かせば完全に温泉です。余っている庭のスペースに作れないかなーと考えます。

そんなことより納屋の片付けをさっさとしないとダメなんですが笑

片付け少しずつすすんでおります。

IMG 4108

燃やせるものはどんどん燃やします。

IMG 4096

ちょっとすっきりしました。

島の方に軽トラ借りたんですが、マニュアルだったんですね。もちろん免許マニュアルでしたが10年ぶりの半クラで、ガッタガタ言わせながら島のクリーンセンターまで大型のゴミを運びましたw

島で良かったなって、都内じゃ無理ですね。そして軽トラもいつでも使っていいって言ってくださって。感動

お手伝いの方随時募集してます、もれなく薪風呂、打抜きの井戸水の淹れたてコーヒースマイルwプレゼント中です。天気のいい日は仕事終わりにBBQしましょ!

 

 

 

強み診断できます。

自分の強みを的確に教えてくれます。本についているコードで強み診断できます。必ず新品を買って下さい(中古本にはコードついてません)

 

 

LINE読者登録。更新通知きます。

 

こちらも読まれてます。

移住初心者にはおすすめできない来てしまったら最後、島ぐらしの現実。 : しまなみじゃーなりんぐ。


島ぐらし気になった方は気軽に連絡ください!ツイッターなどもしてます。



 

VALUやってます。

しゅうへい村上@しまなみ島暮らし のVALU


【3分で登録】ビットコインはこちらから。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
 
 

 

 

今日も元気にツイート中。