電気代0円の屋外照明センサーライト、田舎の暗さをどれくらい明るくしてくれるのか?

DSC 1626

 

どうも、日が沈めば「人」「イノシシ」の区別がつかなくなるくらい暗い「島」で暮らしてますしゅうへいです。

田舎あるあるですが本当に「外灯」がないんですよね…。

東京時代は夜にランニングをなんの不便なくしてましたがこちらはそうもいきません。

走っている足元が見えないし、その先も真っ暗…。人がいてもたぶんぶつかってから気づきますw

自動販売機がたまにポツンとあるとすごくホッとします(虫みたい)

 

ということで、今回はそんな暗い田舎に欠かせない屋外照明「Mpow センサーライト」の紹介です。

  • どれくらい明るい?
  • 電気代は?
  • 壊れない?
  • 面倒な設定は?
  • ちゃんと人に反応する?

などについて書いていきます。

 

屋外照明「Mpowセンサーライト」

 

 

 

 

安かったのでとりあえず2個購入しました。1年以上つかっってますがバリバリ現役です。

何回か膝くらいの高さから落としたことがありましたが特に故障もなく使えてます。

 

またソーラーで稼働するので電気代も0円です。

あたりまえですが日が当たるところに設置してくださいねw

少し陰るくらいでも太陽の光は反射して届くので十分充電できます。

 

 

設定は無しでスイッチの切替だけでOK

 

IMG 9723

 

「Lighting Mode」というところをいじるだけです。

3段階の切り替えです。

 

スクリーンショット 2018 03 30 22 08 55 2

 

 

【3つの点灯モード】取り付けの前にモードを選んでください。

1.常時点灯モード:夜になると自動点灯します。蓄積した電力が切れるまで点灯してくれます。

2.DIMライトセンサーモード:暗くなるとライトは薄暗く自動点灯しますが、人が近づくとセンサー感知でライトが明るくなり、強点灯(15-20秒)します。動きが検出しないとまた薄暗く点灯状態に戻ります。

3.センサーモード:普段は消灯しており、動き検出されたら、強点灯(15-20秒)します。動きが検出されないと消灯します。

参照:アマゾン商品ページ

 

うちの古民家で夜センサーライトが灯るとこんな感じです

 

IMG 9722

 

結構明るくないですか?

 

センサーの感知範囲は?

 

高輝度8LEDライトを備え、照明角度が最大270°に達します。

また、最新のセンサーボールヘッド(円型)を採用しますので、検知距離と検知範囲も大幅に広くなります。

最大検知距離が8mになり、最大検知角度が120°になります。照明と防犯効果が十分です。

夜間に素敵な照明効果を提供してくれ、防犯効果に設置してぴったりです。夜帰ってくる度に玄関を照らして、鍵穴まではっきり見えます。

 

ぼくが買ったときより進化してるみたいですねセンサー…今でも十分手前から照らしてくれるので足元からドアまでしっかり明るいです。

 

 

キャンプにも便利。

キャンプ場で必須のアイテムがライト。

基本真っ暗ですからね…。

で、電池切れとかたまにありますw

初めてのキャンプなら電池は大丈夫でしょうが、何度も行っていると慣れてきて電池忘れたり切らしたりします。

田舎のキャンプ場はコンビニも少ないし遠いので買いにいくのが面倒です。

 

DSC 1628

 

そこで役にたつのがこのソーラー屋外ライト。

防水機能もついているので外に置きっぱでいいですし、昼間に太陽に当たるところに放置しておくだけで充電満タンです。

机の上に置いとくとランタン代わりにもなりますよ。

 

まとめ。

  • 電気代0
  • 十分手元まで明るい
  • 面倒な設定も0
  • センサーの範囲も広い
  • 防水&耐久性もあり

 

キャンプ場で使いたくなる完璧なスペックです。どんだけキャンプ行きたいねんw

ただでさえ電気代高いので都会の人もこのソーラーライトなら簡単に設置できて防犯にもいいですよね。

 

 

 

ぜひアマゾンでチェックしてみてください。

 

Instagramやってます。


フォローはこちら
  

Twitterでも発信中。