【デメリットを簡単に解決】古民家のムカデ対策には「ひばウォーター」

IMG 671C05304F5F 1

 

田舎の古民家暮らしで一番怖いものといえば…上から降ってくるムカデ

 

 
夜のポタって音にすごく敏感になります…。

見つけたらしばいて解決が王道ですが、古民家生活20年ですごい平和的な解決方法を見つけました。

 

ひばウォーターで平和的に解決する。

 

 

9歳上の姉がかなりアロマすきで、実家の古民家に帰ってきてはディフューザーでいろいろと香らせてました。

んで、「ヒバウォーター」というものを買ってきてからびっくりすることが…

 

わし
わし
今年ムカデ見てない!!

わし
わし

外ではみるけどね〜

 

使ったのはこれ。

 

 

 

夏が終わって数えてみたら、合計3匹しかムカデに遭遇しませんでした。

んですごいのが、うちだけじゃなくて他の民家でも試したらムカデがでなくなったという汎用性!!

 

わし
わし
その人の家では、1日に3回はムカデに遭遇してた…とのこと

わし
わし

さすがにそれは盛ってるやろ…

 
ま、ムカデ対策以外にも全然使用用途がありますからね!

 

ヒバウォーター使い方。

ムカデ対策に効果があったのは、
 

  • ディフューザーで香らせる
  • ヒバウォーターを薄めてぞうきんがけする

 

最初はムカデって梅雨すぎてからだっけ?と思ってたんですが隣の家ではかなり出てたみたいなんですよ。

ということはやっぱ「ヒバウォーター」かなと。

 

で調べてみたらひばってすごいですね!

 

ヒバのすごい効能。

 

  • 雑菌や虫を寄せ付けない
  • 抗菌・防虫・防ダニ
  • リラックス効果
  • アトピー治療?

 

調べるといろいろ出てきますね。入浴剤としてもおすすめみたいです。

 

そもそも「ヒバ」とは。

「ヒバ」は、大きく区分すると北方型と南方型に分れます。

「青森ヒバ」は北方型で学名(和名)を「ヒノキアスナロ」といい、本州中部以西にある南方型を「アスナロ」といいます。

青森ヒバはアスナロに比べ蓄積も豊富で材質的にも優れており、古くから社寺仏閣、城の築材として珍重されてきました。

青森ヒバという名前は通称であり、正式には、ヒノキ科アスナロ属の針葉樹。

秋田スギ・木曽ヒノキとともに日本三大美林のひとつに数えられ、全国の現存量のおよそ7割が青森県の津軽・下北両半島に存在しています。

材質は耐朽性・耐湿性等に優れ、ヒバ材を使用した建築物には、中尊寺金色堂(1125年建立)など、現存する文化財もたくさんあります。

青森ヒバには、シロアリが忌避性を示す物質を持っています。

青森ヒバを食べた場合、ヒバの抗菌成分がシロアリの腸内に共生する原生菌を死滅させ、消化出来なくなりシロアリ自身も死に至ります。

参照

ちょっと長めの引用ですが、ヒバってすごくないですか?

よく聞くのが青森ヒバだったのでそれの特徴をしらべてみました。

 

ムカデ対策以外にも重要なシロアリやカビ対策に使えるとなると、古民家とめちゃめちゃ相性いいですよね。

新築だと逆に化学物質がおおくて子供がアレルギーを発症する心配があります。

古民家はたしかにオーガニックな家なのですが、その分虫やカビが大変。

 

まとめ。

ヒバウォーターはムカデを平和的に解決し、かつ古民家生活を快適にする最強のアレである!

 

わし
わし

アレって便利〜

 

というわけで古民家以外でも裏が山で虫が多い…みたいなご家庭の人は試してみましょう。

ちなみにうちで使っているディフューザーはめちゃ安いやつです。今すでに持っている人はヒバウォーターだけでもちょっと試してみてください!

 

 

 
買いたいけどクレジットカードの限度額が近くて買い物できな〜い!って方はこちらのカードがオススメ。

即日発行で便利なのと、限度額が少額なので使いすぎを防止してくれますよ〜!

関連記事借金増やしたくない!でも今日買い物したい!を叶える即日発行の「バンドルカード」

 

こちらもどうぞ。

【口コミ】魚さわった後の手が臭い…。釣りや料理にオススメのフィッシュソープ!

【地震や突発的な災害】普段から持ち歩いててよかったなと思う持ち物リストまとめ

当ブログの筆頭スポンサーの「イケダハヤト」さんです!

ブログを○億円で売却した「SEOのプロKUMAP」さん!

愛媛の島暮らしまとめ
SNS&Feedly
この記事を書いた人。
しゅうへい

月間10万PVの個人ブログ「マルチにハマって借金背負って島流し。」を運営中。2018年3月にブログ収益1,500円で独立、7月は月商40万円達成。ブログで借金返済できるんですよ。プロブロガー「イケダハヤト氏」と、ブロガー・作家「はあちゅう氏」の対談を主催。トップインフルエンサーに乗っかって仕事してます。

SNS&Feedly
ブログ更新通知をメールで受け取れます

マルチにハマって借金背負って島流し。

コメント