タラレバは未来に向かって言え!チャンスにはチャンスって書いてない、保証を求めるな。

タラレバは未来に向かって言え

 

 
“過去は変えられない、変えられるのは未来と自分だけ”って言葉ありますよね。「タラレバ」も過去でなく未来に向かって言いましょう。

どうせ「タラレバタラレバ」言ってても、また10年後過去の行動を悔やみながら「なんであの時タラレバ言って未来を変えようとしなかったんだろう」って思うんですよ。

それなら作りたい未来の結果を予想しながら使いましょう。「1年後もし自分がこうだったら…」「将来好きを仕事にして活躍するのであれば…」とかね。

ぼくだって人間ですから「借金せずにちゃんとした社会人だったら」「もっと早くブログやっていれば」とか思いましたよ、めっちゃ。

メンヘラではないですが、そのへんの人より悩んだ自信…ありますね…w

関連記事マルチにハマって借金背負って島流しになった人の誰にも言えない失敗談。

関連記事365日「父親を殺してしまった」と泣きながら後悔してたぼくがたどりついた「親の死」のこたえ。

 
それこそ「タラレバ祭り」ですよ。でもそれじゃあ現実何も変わらないことを自分で分かっちゃったんですよね…。

んで変えたくて行動を変えました、それ以外に変化する原因がないですからね。”結果には原因”があるんです。

行動せずに「変わったらいいな〜」を繰り返していたからずっとそのままだったんです。借金で人生詰みそうでしたし…w

関連記事借金がなくなったら…そんなことを考えてたら7年経ちました。

 

タラレバは未来に向かって言え!

過去に向かって言うのは終わりにしましょう。そして目の前にぶら下がってるチャンスを必須に掴んでみましょう。

保証がないことにチャレンジできたら強くなりますよ。ぼくも不安を小脇に抱えながら走ってきてよかったです。

だいたいの人が、保証がない、不安があるってことを理由にその場にずっといますから…。

 

 
港で後悔しながら「タラレバ」唱えてないで、船に乗ってみましょう。

 

わし
わし

航海だけに〜?

わし
わし
ボケたい…ここでボケたい…

 
ちょっとまじめに書いてみましたが、ぼくもめっちゃ「タラレバ」言いそうになります…。

そんなときは「タラレバは未来に向かって言え!」を思い出してみてくださいな。そして欲しい結果から自分に足りないピースを埋めていきましょう。

 

あわせてよみたい。

【まとめ】ぼくの人生を変えてくれたオススメの本10選。

【2018年11月更新】29歳500万円の借金をブログで完済するまでの全記録。