【弁護士対応】会社に行かずにサクッとやめる!退職代行サービス3つのメリット。

退職代行サービス 3つのメリット

 
自分でしなくていいんですよ?

はい、そこの上司が怖くて退職を告げられないあなた!退職代行サービスを使ってしまいましょう。

と言われても聞いたことがないからなかなか相談できませんよね…。

ということで今回は3つのメリットにまとめてみました。

 

わし
わし

おまえさんも退職のときは苦労したよな〜

わし
わし
退職手続きの日に急に会社に行きたくなくなってぶっちしたこともありました…

 
うつ病で休職状態だったので同僚に見られるのイヤだな〜って。

エレベーターで一緒にならないか吐きそうなくらい緊張して行ったのを覚えています。

苦手なことや精神的にしんどいことはサクッと代行サービス頼みましょう。家事代行みたいなもんです。
 

 
ちなみに労働局への相談内容は、「退職」が「解雇」を抜いているみたいですね。そういった背景もあり、退職代行サービスを使われる方が増えています。

てなわけで、サクッと3つのメリットをご紹介。

 

退職代行サービス3つのメリット。

 

  • サクッと辞められる
  • 会社に行かなくてもOK
  • 会社からの訴訟賠償請求されたときも弁護士が交渉

 

即日退職も可能?退職代行サービス。

Businessman cry man

 
退職するときに面倒なのが、引き継ぎや書類の整理や挨拶まわり…。もちろん社会人としてやるべきことかもしれません。

が…、ほんとに仕事が辛く精神的に参っている人にとってはそれが一番つらい作業

「実は退職することになりまして…」とか何人にも言わないといけませんし、課内会議とかで課長から「一応みんなに一言お願いね」なんて頼まれたらもう終わり…。

 

わし
わし

ほんとに一言でええなら「やめます」で終了やけどな…

 
弁護士法人汐留パートナーズ法律事務所であれば、それをサクッと代行で行ってくれます。

1ヶ月後だと「また今度でいっか…」となりがちですが、すぐに退職できるとなると思いついた日、もう限界だと思った日にお願いすることもできますよね。

もちろんすべて即日にできるわけではないので、詳しくはLINEやメールで問い合わせしてみてください。電話も対応しています。

退職代行サービスに無料相談してみる

 

会社にいかずに退職手続きができる。

Tsukareta business man
 
「行きたくない場所に自分から行き、もうここには来たくありません…」と告げる……。なんてハードルの高いことでしょうかw

 

わし
わし

退職のために会社にいくってほんと無駄やんな…

 
今までの退職のやり方があまりにも遠回り過ぎたんですよね…。メールでサクッと退職でいいじゃないですか。何をそこまで直接あって話さないといけないのか…。

ぼくも前職で上司にメールで伝えたら、その上司の上司から怒られました…w

 


 
あと精神的に辛くてそもそも出勤できない人にはかなりしんどい選択になります。ぼくも抑うつ状態の診断もらってから、会社近くに行くだけで胃がキリキリすることも…。

そういう場合には退職代行サービスはほんと助かりますよね。やらないといけない退職のアレコレをすべて任せて、スッキリした上で治療にも専念できますし。

退職代行サービスに無料相談してみる

 

会社からの逆襲にも対応。

会社側から逆に「損害賠償請求」をされたときには、そのまま弁護士さんが対応してくれます。

弁護士対応でない退職代行サービスでは、会社からの訴えなどに対応できません。非弁行為になりますからね…。

 
非弁行為とは

「弁護士でない者は報酬を得る目的で法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない」(弁護士法72条抜粋)と法律で定められています。非弁行為とはこの法律に違反した行為をいいます。損害賠償金の支払がある保険会社の示談交渉は、事故の当事者性があり問題はありません。しかし、保険金の支払の伴わない契約者側の過失のまったくない事故の示談交渉は、非弁行為に該当することになり、示談代行ができないこととなります。

参照:コトバンク

 
弁護士法人汐留パートナーズ法律事務所ではあれば、そのへんもきっちり対応。

代行サービスがやってくれるからと言って退職にはリスクが無いわけではないですよね。しっかりこのへんのサポートもあるところにお願いするのがよさそうです。

 

人生の3分の1は仕事の時間。

人生において、3分の1が仕事の時間となります。

占める割合が大きい分、自分のやりたいことや自分に合わない環境だとそのまんま3分の1人生が辛いものになってしまいます。

終身雇用の日本では、「退職」という概念が最終兵器(=リーサル・ウェポン)的な扱いになりがち…。

アメリカではジョブホッパー的なキャリアが普通であり、2年勤務したら長いと言われるくらい。そして辞めたいと言ったらサクッと辞められます。

ちょっと特殊な体質の日本に、この退職代行サービスは必要な解決策なのかもしれませんね。

会社が変わるのを待っていたらあなたの人生が終わってしまいますから…。

 
退職するかどうかはあなた次第なので、まずは無料相談だけでもしてみてはどうですか?人に話すだけでも楽になりますよ。

退職代行サービスに無料相談してみる

 

あわせてよみたい。

会社やめてみて初めて気づいた脱サラの3つのメリット