親と過ごせるのはあと55日?親を亡くす前にしておきたい7つのこと。

DSCN3258

突然ですがみなさんは長期休暇のたびに自分の両親に会っていますか?

地方と都会で離れて暮らしている場合、60代の親なら残り55日くらいしか一緒に過ごせません。

27歳で父親を亡くした経験があるので、その立場からしておきたかった7つのことを紹介させていただきます。

父が亡くなって1年経ったときの心境はこちらに書いております。

関連記事365日「父親を殺してしまった」と泣きながら後悔してたぼくがたどりついた「親の死」のこたえ

 

親と会えるのが残り55日になる計算方法

現在60歳の親を持つ人が残りの人生で親と過ごせる日数は一般的に55日です。

計算式はこちらで、

20年(親の平均寿命−現在の親の年齢)×6日間(親と会う回数)×11時間(1日で一緒にいる時間)

1320時間

日数に換算すると55日間という計算です。

親と会う回数の6日間というのはお盆と正月の帰省を想定しています。

今年1回も帰省しなかった方がいれば、55日から2.75日親との時間が減ったと考えられますね。

 

子供と過ごせるのも残り55日。

60歳の子を持つ親も同様の計算になりますね。こう思うとすごい短い気がします。あの可愛い我が子と55日って。。。(未婚です)

 

わし
わし

もっと近くで暮せばええのにな〜

 

わし
わし
一緒に過ごせる時間は思ったよりも少ないってことに気づければ、それだけでも違うはずです

残り時間がそれほどないことを理解するのがまずは大事ですね。

親を亡くしたぼくがしておきたかった7つのことを紹介していくので、ピンときたものがあればぜひ実践してみてください。

 

親の好きなことに付き合う。

IMG 0377

アウトドアでもインドアでもいいと思います。ぼくの父親は魚釣り・JAZZ・喫茶店めぐりが好きでした。もっと元気なうちに魚釣りに付き合っていればよかったなと思います。

 

子供をもつ親の大半が、自分の趣味や好きなこと子供と一緒にしたいと思うのではないでしょうか。そしてそれを子供が大きくなってからするのも子の成長が見れてうれしいですよね。
 

少し遠いところにお出かけする。

IMG 0186

車も運転できるようになったし、自分の使えるお金も少しできたのにそんなにお出かけに連れて行けませんでした。というよりも飲みすぎてお出かけをすっぽかしたことも…。

今となっては数少ない思い出が、自分のせいで一つ消えてしまったと思うとかなり後悔してます。

 

わし
わし

友達との予定を優先してしまうことがおおかったな〜

 

日常を飛び出して移動中にいろんな話もできますしゆっくりと親との時間を楽しめますよね。

 

自分の考えを話す。

IMG 4970

いつも一緒にいて日常会話ばかりになっていました。たまには自分の好きなこと、嫌いなこと、悩んでいることを打ち明けて自分の考えを話してもいいかもですよね。

というのも亡くしてからは仏壇やお墓に向いて話したりしますが、リアクションが全くないです、逆にあったら怖いですが…w

 

わし
わし
言い合いになりやすい家族は、話題もちゃんと選びましょう〜

 

ハグする。

これ結構しにくいですよね…w

照れくさいし、今までしてないから「いきなりなんや?」って。

まぁハグじゃなくても握手とか肩組むとかそのへんから様子を伺ってもいいかもですね。

病気や事故で介護状態になってから手を握ってあげることがあるかもしれませんが、やっぱり元気なうちにスキンシップ的なのはとっておきたかったです。

 

わし
わし

そやな〜入院してしまうとなんかな〜、なるべくその前にもしておきたいな〜

 

わし
わし
ちっちゃい頃はたくさんしてたんで、親だって嬉しいはずですよ

 

1日くらい優しくする。

IMG 0231

親といえども面倒だなと思うことがたまにあると思います。親は自分のことをいつまでもちっちゃいころの子供のようにみてるっていいますもんね。

 

わし
わし
入院してるときも面倒なことを言われてイライラすることが多かったな…

 

帰省するとなると「何食べたい?」の質問が毎日のようにきて「なんでもいい」って適当に答えて魚料理が続いて文句を言った記憶があります…。

日常となるとハードルは上がりますが、せめて1日くらいは優しくしてもいいんじゃないでしょうか?

「おかんのかき揚げ大好きだから今日作ってよ、てか俺も作り方知りたいわ手伝うね」とか

「おとんが観たいって言ってたあの映画借りてくるから今日一緒に観ようよ」とか、照れくさいですが言ってみましょう。親も実は嬉しいはずです。

 

わし
わし

一緒になにかやるってのはええな〜

 

感謝を伝える。

「感謝する」こと自体は相手がいなくてもできますが、「感謝を伝える」のは相手がいないとできません。

父の日母の日を使うのもいいですが、出かけた際に「こうやって大人になってからも出かけられて嬉しいよ、次のおでかけもまた相談させてね」みたいにシンプルに伝えたのでいいと思います。

ちなみに自分の誕生日には必ず親に「生んでくれてありがとう」「育ててくれてありがとう」と電話とメールをしてました。誕生日は親に感謝する日だと教わりましたね、ステキ。

 

わし
わし

自分で言うなよ…しかも当たり前やでそれくらいは…

 

一緒に写真を撮る。

DSC01100

女の子とかは比較的してると思うんですが、男は父親と一緒に写真撮ることあまりないですよね。ぼくは本当に一緒に写真を撮るのが照れくさかったです。

で、元気なうちに撮ってないと何かあってからは撮れません。ぼくの父親は10ヶ月入院していてその際は写真マメに撮りましたがあんまり見返したくないんですよね。

というのが、父親の姿が入院している姿って父親のイメージとなんか違うんです。元気なうちに撮りましょう。

こっぱずかしいという方は最近のSNOWなどのアプリを使って面白く撮るところからでもスタートしてもいいですね。

 

わし
わし
最近はおかんと飲みに行くとなるべく一緒に写真を撮るようにしてます、めっちゃ恥ずかしいですが…w

 

まとめ。

あたりまえにすべてされている方もいると思います。どこまでやってもその時はその時で後悔はあるでしょう。

後悔しないためではなく、いい思い出をいつまでも心に置いとけるように少し意識して過ごしてみてください。

 

わし
わし

残り55日やから、ちゃんとたまには帰ってあげよな〜

 

わし
わし
今年のお盆1人で過ごしててめっちゃ後悔しました…

 

 

わし
わし

1人でさみしく島で暮らして後悔しとけ〜

てなわけで、はやめにお嫁さんを探したいと思います…w

 

あわせてよみたい。

【まとめ】ぼくの人生を変えてくれたオススメ書籍10冊

当ブログの筆頭スポンサーの「イケダハヤト」さんです!

ブログを○億円で売却した「SEOのプロKUMAP」さん!

その他
SNS&Feedly
この記事を書いた人。
しゅうへい

月間10万PVの個人ブログ「マルチにハマって借金背負って島流し。」を運営中。2018年3月にブログ収益1,500円で独立、7月は月商40万円達成。ブログで借金返済できるんですよ。プロブロガー「イケダハヤト氏」と、ブロガー・作家「はあちゅう氏」の対談を主催。トップインフルエンサーに乗っかって仕事してます。

SNS&Feedly
ブログ更新通知をメールで受け取れます

マルチにハマって借金背負って島流し。