オススメ海外ドラマ!ゲーム・オブ・スローンズを観るべき7つの理由。

ハマると1日12時間、睡眠時間を削ってでも「海外ドラマ」を観てしまう、映画好きのしゅうへいです。

これまで観てきた中で最も良かった「ゲーム・オブ・スローンズ」(Game Of Thrones)を紹介します(なるべくネタバレ無し)

11025934 10152775319897734 1076365984417803312 n

 (公式Facebookより)

外国人の友達の多くがオススメしてくる作品。

英語で難しい話はできないので交流するときはよく「映画・海外ドラマ」ネタに逃げます。

昔から「洋画」ばっかり観てたんですが国際交流で意外と役に立ちました。

「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」「スターウォーズ」は大概観たことある人がいますね。

海外ドラマでは「ウォーキング・デッド」「プリズン・ブレイク」あたりも観ている外国人は多かったです。あくまでぼくの会った人ですが…。

 

んで話が盛り上がって「これ観た?」「あれ観てる?」みたいな話になって必ずと言っていいほど出てくるのが…

「ゲーム・オブ・スローンズ」(Game Of Thrones)です。

現在最新作のシーズン7含めHulu「全シリーズ」公開されてます。いい時代ですね。DVD借りに行かなくてもいいんですよ…。

返却期限もないのでまったり家で観たり、通勤のお供になりますね。

シーズン1のトレーラー(特にネタバレ無し)

 

ロード・オブ・ザ・リングが好きならその10倍好きになる。

ロード・オブ・ザ・リング、ホビットシリーズが好きならおそらくハマります。

「ゲーム・オブ・スローンズ」も原作が長編小説でその世界観を映像化なんてなかなかできっこないシロモノでした。

ロード・オブ・ザ・リングは原作も読みましたがどうしても映像化すると限られた描写だけになってしまって壮大な世界観が少し小さくなってしまいます。

ホビットシリーズいれて20時間ほどある作品でも時間の制約で難しいですね…。

 

「ゲーム・オブ・スローンズ」では1シーズン10時間たっぷり使って世界観を丁寧に描いてくれています。シーズン7いれると全部で70時間ほど…。(※シーズン7は全7話構成)

そりゃ世界観が壮大ですわ…。

 

198259 10150105759872734 3236762 n

 (公式Facebookより)

 

どんなストーリー?

中世ヨーロッパよりもう少し遡ったくらいの時代背景で7つの国が舞台の世界です。

題名の(Game Of Thrones)から「Thrones」「玉座」という意味ですので、「王位争奪戦」的な感じです。

中国の「三国志」や日本の「戦国時代」に近い「争いでごった返した」世界です。

※以後「ゲーム・オブ・スローンズ」をGOTと略します。

 

日本のようにどこの国も同じようなテイストではなく、GOTでは北は「氷の壁」があるくらいの極寒…。南は水もなかなか手に入らない「砂漠」状態…。

と1つの作品に「地球まるごと」詰まってる壮大さです。

 

そしてその「人間の覇権争い」にスパイスを加えるのが…。

(ここから若干のネタバレを含みます。観るのにそこまで影響はないです。)

スパイス的存在の◯◯。

 

若干のネタバレ覚悟してくださいね…。

「人間の覇権争い」にスパイスを加える存在…それが

「ドラゴン」「蒼い目をした魔物”ホワイトウォーカー”」

 

この「ドラゴン」もストーリーですごく大事な存在なんですが「ホワイトウォーカー」が特に重要な気がしますね。

ホワイトウォーカーはさっき話した北にある「氷の壁」のさらに北にいる伝説の魔物です。

北に住む人々の間ではその魔物が長い眠りから覚めて復活したんじゃないかと噂されています…。まぁ復活したんですけどねw(ネタバレ)

21106788 10155115730547734 2077115470142107313 n

  (公式Facebookより)

そいつらの存在が謎すぎるんですよ、倒し方もよく分かってないみたいで…。

 

醜い人間の争い。

ロード・オブ・ザ・リングみたいに純粋な「人間vs魔物」みたいな構図ではなく人間たちがかなり「醜い争い」をします。

各国の特色や国を統治するそれぞれの「家」が複雑に絡み合ってストーリーが展開していきます。

例えば、北を統治する「スターク家」はすごく忠実でシーズン1では特に「スターク家」に焦点が当たっているのでに感情移入してしまう人が多いと思います。

また「ラニスター家」は王国ナンバー1の金持ち一家で、彼らを中心に争いが発生します…。困ったもんだ…。

各登場人物の「生い立ち」「特性」が緻密にストーリーに絡み合っていてこちらも見どころです。

一見絶対に組み合わないパズルのピースがスルリと組み合わさっていく様子には降参しまくりです…。

 

そんな「国同士」「家同士」の争いに目が言ってると、南では「ドラゴン」が、北では「ホワイトウォーカー」に動きがあるわけです。

そんでもってシーズン7以降からその距離感を持っていた「スパイス」が距離を縮めて新たな展開を作り出そうとしています(まだ7を観てないので間違ってたらごめんなさいw)

 

観るべき7つの理由はこちら。

 

▶1.飽きないストーリー

▶2.巨額の制作費で描く壮大でリアルな世界観

▶3.素晴らしい配役

▶4.原作読まずに十分楽しめる

▶5.Huluだと見放題

▶6.外国人との話のネタになる

▶7.裏切り方が斬新

 

▶1.飽きないストーリー

ですがこれは上の方でも話しましたね。

 

▶2.巨額の制作費で描く壮大でリアルな世界観

シーズン1で約80億円の制作費みたいです。

「高レベルのCG」と「世界観を大切にするセット」「戦闘シーンのリアルな迫力」…観たら納得です。

シーズン7まで考えると600億円くらいはかかってるんではないでしょうか…。

ざっくりですがスターウォーズシリーズと同レベルの制作費です。

 

▶3.素晴らしい配役

この作品をきっかけに演技が評価され新人俳優、ベテラン俳優含めどんどん次の作品が決まってます。

 

▶4.原作読まずに十分楽しめる

そのままです、ぼくも読んでないです。読んだ人でドラマはちょっと違うとかあったらぜひ教えてください。

ちなみに原作はジョージ・R・R・マーティン著のファンタジー小説シリーズ『氷と炎の歌』

シリーズ合計で世界中で約6000万部を売り上げているようです(2015年時点)

 

▶5.Huluだと見放題

そうなんです、Huluは5年くらい使ってますがいつもいい作品を見放題で用意してくれます。

シーズン1〜6見放題、シーズン7も公開になり見放題です。

2週間無料で使えるのでお試しで使ってみてもいいですよね。(2週間以内の解約はお金かからないようです…良心的)



スマホ、PCでも観れますし、小さい画面が嫌な方はAmazonの「Fire TV Stick」を購入するとTVの大画面で楽しめます。

TSUTAYAに行かなくても家が映画館になるシロモノです。しかも5000円でお釣りが来る…。家にネットがあればOKです。

 

▶6.外国人との話のネタになる

外国人はほとんどの方が観てます、びっくりするぐらい…。

GOT以外にも洋画や海外ドラマは交流のときに本当にいいネタになりますよ。モノマネとかするとめっちゃウケますw英語の勉強にもなりますし。

 

▶7.裏切り方が斬新

最後の7つ目なんですが、映画やドラマって視聴者の期待をどう裏切るか…だと思うんですよね。もちろんいい意味で。

「え?こうなるの?」「え?これこのあとどうなるの?」って疑問を持つように観られないと続かないですよね。

名作の「シックス・センス」とか特にそうだと思います。伏線は置いていくけど思いもよらぬ「裏切り方」を最後にする、そして置いてきた「伏線」はすべて回収…。

そんな作品を観たときにはしばらくTVの前で「痙攣」しております…w

 

GOTはそういう意味で「裏切り」が各シーズンごとに用意されていて「痙攣」しぱっなしですw

 

観るのが疲れる方へ。

はい、よくわかります。

世界観が壮大すぎたり、外国人がたくさん出てくると誰が誰だかわからなくなりますよね…。

ぼくは「すべて理解」することはやめてます、特にGOTの場合は世界観が大きくて一度ではとてもじゃないですがストーリーに追いつけなくなります。

そんなときはネットで「相関図」「ストーリー解説」を参考にするのと、Huluで見放題なのでもう一回観ますw

最近シーズン1からまた視聴再開しました。

2回目が特に面白くて、先のストーリーが分かっているので「こんなところにこんな伏線を!!」と1人で悶絶してます…。

 

確かに観るのが疲れることがありますが、飽きずに長い期間シーズンが終わるまで付き合っていける最高の海外ドラマです。