借金が払えないときに支払いを伸ばす3つの方法。

借金の支払いを伸ばす方法

 

どうも〜、カードローン、クレカリボ払い、奨学金…あわせて500万円の多重債務をかかえる若手借金ブロガーのしゅうへいですっ!

毎月7万円をこえる返済を続けているわけですが、たまに払えそうにないときがあります。

 

突発的な出費、ただの浪費、計算ミス…原因はなんにしろ「足りない!」とおもったときの焦り具合って半端ないですよね…。

今回は一般的には伸ばせない返済日から逃れる3つの方法をご紹介します。あくまで自己責任ですのでご利用は計画的に。

 

返済を伸ばす3つの方法。

 

  • キャッシングしてそれを返済にあてる
  • 電話して返済日を延長してもらう
  • 債務整理する

サクッと解説〜!

 

キャッシングしてそれを返済にあてる。

Atm

 

これは自分だけで完結する一番手っ取り早い方法です。だれにも電話することなく1人でコンビニのATMにいきサクッとキャッシングです。

賢い人は気づくと思いますが、問題は何も解決しておりません。

 

 

わし
わし

むしろ悪化しとるよな〜

 

わし
わし
秘技セルフ貸付と呼んでおりました

 

アホすぎますねw

 

 

 

この利用枠内でまた借りるわけです。そして来月まで返済日を伸ばす…。

これが続くともう借金地獄コースですが、急な出費が重なりピンポイントで困るときくらいは頼っても良さそうです。

 

電話して返済日を延長してもらう。

Pose atama kakaeru man credit

消費者金融などは比較的対応してくれます。アコムさんは滞納者が多すぎるのかちょっと支払日が過ぎたくらいでは何もいいません。

もちろん遅延損害金が発生するので「Win-Win」です。

 

わし
わし

Win-Winではないやろ〜一方的に負けとるがな〜

 

ちなみに東京で2ヶ月ほど支払いをしなかったら強制解約をくらいましたw

これはつまり「ブラックリスト」を意味します。当時3枚ほどクレジットカードを持っていましたがすべて使用不可になり実家に逃亡(島流し)。

関連記事マルチにハマって借金背負って島流しされた人の自己紹介。

 

債務整理する。

これは最終手段になりますね。債務整理の任意整理後は請求が一旦ストップします。

 

わし
わし

これはまじでリーサルウェポンやな〜

 

債務整理とは、

  • 借金の減額
  • 支払いに猶予をもたせる
 

手続きで、

 

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

 

があります。「任意整理」の方法が一般的。

 

任意整理後は、督促などの請求が数ヶ月止まります。

もちろんこのへんは弁護士さんなどとしっかり確認をとってください。

 

ぼくは債務整理の相談はしましたが家のリフォームローンを組む可能性が高かったので、任意整理などはしておりません。

関連記事500万円ある借金を債務整理せずに返済する3つの理由。

 

わし
わし
やはり秘技セルフ貸付しかないか〜

 

借金返済やばい!とりあえず任意整理!みたいな軽いノリでは選ばずにまずはサクッと減額シミュレーションくらいにしておきましょう。

100万円をこえる借金を消費者金融から複数しているのであればオススメです。実例を参考に。
関連記事実績15,000件以上!借金解決の3つの事例をご紹介

 
借金減額シミュレーションが気になる方はこちらを。
関連記事【匿名OK】借金が払えなくなったときのために減額シミュレーションはしておこう。

 

任意整理は本当に最終手段。

まずは近くの人に一旦借りれないか?とか最低限の支払いをしながら副業で収入アップできないか?

などを考えてみましょう。

そしてもうムリだ!と思ったら最終手段を使ってもいいかもですね。

 

ぼくはブログとtwitterでなんとか返済生活を続けています。

確かに収入は落ちるし安定はしてないですがストック型のビジネスなので将来的には楽になる「予定」ですw

借金など公表もおもしろいネタなのでぜひチャレンジしてみてください!

関連記事初心者がブログを始めて月10万円稼ぐまでにかかる時間やPV数は?

 

今日すぐに何か買いたいときはこのカード。

2万円が800円の手数料で即日借りれるバンドルカード

アプリダウンロード後、ポチッとチャージで申請できます。

現金化はできないのですが、Amazonなどのクレカの買い物には使用できますよ〜。

詳しくは動画を。

 

こちらもどうぞ。

【5分に1人が利用?】家族や同僚にバレずに借金を解決する方法>>

【債務者伝授】こんな男は借金彼氏だ!5つの共通点でかんたんに見分ける方法。

コメント